• プレスリリース
  • トピックス
  • イベント
Previous Next
  • 1
  • 2
  • 3
2016年12月7日(水) 11:00

国内初、API管理ソフト「Kong」のエンタプライズ製品の販売開始

株式会社ブリスコラは、米Mashape社が認定するパートナー第一号として国内で初めて、API管理ソフトウェア「Kong」のエンタプライズ向け製品を中核とした「Mashape Enterprise」の販売を、2017年1月より開始いたします。
ブリスコラは、2016年6月に、国内で初めて企業向けに、「Kong」の商用サポートサービスを行う事業を開始しており、これまでに睡眠モニタリングシステム、福島県会津若松市で総務省が進める医療IoTサービス事業において「Kong」の導入、支援を行ってまいりました。APIを活用した新しいデジタルビジネスが急拡大する中、より付加価値の高いソリューションを提供するため、「Mashape Enterprise」の販売を開始いたします。
2016年11月29日(火) 11:00

総務省の医療IoTサービス事業へ API管理の「Kong」を試験導入

株式会社ブリスコラは、福島県会津若松市における総務省「IoTサービス創出支援事業」に、APIによるビジネス、データ連携を目的として、API管理のオープンソースソフトウェア「Kong」の試験導入を支援いたしました。
このたびの試験導入では、ヘルスケアIoT基盤に「Kong」を導入することによって、スマートウォッチや睡眠モニタリング機器等から得られる心拍数・歩数・消費カロリー、睡眠時の呼吸・体動やいびき等を、APIを活用しセキュアに公開管理することが可能となります。また、共通のインタフェースを使って医療・健康データを流通することによって、データ利活用事業者の利便性を向上させることができます。
2016年11月7日(月) 11:00

総務省「IoTサービス創出支援事業」への参画について [睡眠]

アサヒ電子株式会社と株式会社ブリスコラの2社は、福島県会津若松市における総務省「IoTサービス創出支援事業」において、睡眠時の心拍数・呼吸数・体動等を可視化して健康管理を支援する「睡眠モニタリングシステム」の提供で参画します。
本事業は、地方公共団体、大学、民間企業等から成る地域の主体が、生活に身近な分野におけるIoTサービスの実証事業に取り組み、IoTサービスの普及に当たって克服すべき課題を特定し、その解決に資するリファレンス(参照)モデルを構築するとともに、データ利活用の促進等に必要なルールの明確化等を行うことを目的とした事業です。「会津若松スマートウェルネスシティ IoTヘルスケアプラットフォーム事業」という事業名で行います。
2016年11月1日(火) 11:00

住友精密工業のIoTモニタリングシステム構築 [IBM Bluemix]

住友精密工業のIoTモニタリングシステム構築 [IBM Bluemix]株式会社ブリスコラと日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、住友精密工業株式会社のIoTソリューションを拡張するIoTモニタリングシステム「neoMOTEクラウド」の構築を支援しました。日本IBMが提供するPaaS「IBM Bluemix(ブルーミックス)」を利用し、IoTデータのクラウドでの収集・可視化や分析を担うアプリケーションを、短期間でスケーラブルに対応できるIBM Watson IoT Platformを基盤としたシステムとしてブリスコラが開発を行いました。
このたび構築した、BluemixベースのIoTモニタリングシステムを使うことで、住友精密の無線センサを活用いただく顧客企業によるデータの収集とモニタリング、分析が容易に可能となります。
Previous Next
  • 1
  • 2
  • 3
2013年4月22日(月) 11:00

オープンガバメントクラウド・コンソーシアム 一般社団法人化

オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC)は本年4月1日に組織替えをし、一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)に名称を変更いたしました。(弊社は、本コンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。)
OGCは2009年4月設立以来、任意団体として、世界最高レベルの電子政府および電子自治体をオープンなクラウド技術で実現することをめざしてまいりました。
OGCは、各テーマを扱う分科会を立ち上げ、世界最高水準のスマート社会を実現するためのプラットフォーム作りを目指します。
2013年4月1日(月) 11:00

TechTargetに「製造業の成長戦略を加速する5つのIT戦略」

アイティメディア株式会社が提供するTechTargetに「製造業の成長戦略を加速する5つのIT戦略テーマ」と題し、ホワイトペーパー(セミナー講演資料)が掲載されました。
本ホワイトペーパーの前半では、弊社が製造業の成長戦略の視点から最新のテクノロジトレンドを捉え、戦略の実現を加速する五つのIT戦略テーマ、さらには次世代ITの中核となるクラウドと具体的な事例(P&G社などの事例など含め)を交えながら解説しています。後半では、国内No.1のパブリッククラウドサービス・プロバイダーであるIIJ社の視点から、新たなITリソースの活用手法を解説しています。
2013年3月29日(金) 11:00

ITLeadersに「グローバル時代の製造業戦略」セミナーレポート

インプレスビジネスメディアが提供するITLeadersに「ITが社会基盤となる大局観を持ち、サービスと組み合わせた「価値の製造業」を目指す」と題し、セミナーレポートが掲載されました。
日本のものづくり産業の再起には、どんなIT戦略が必要となるのか?ものづくりニッポン復活へのシナリオとは?次世代のものづくり産業とIT産業にご興味のある方は、是非ご一読ください。
なお、ITLeadersサイトでは、「製造業の成長戦略を加速する五つのIT戦略テーマ 〜未来を創るテクノロジ活用戦略〜」と題した、講演資料をダウンロードすることも可能です。
2013年3月12日(火) 11:00

OGC主催 3.11福島復興シンポジウム閉幕のご報告

オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC)は、犠牲になられた多くの方々へ哀悼の意を捧げるとともに、福島県の復興、ひいては日本の復興に向け、「3.11福島復興OGCシンポジウム 復興を契機に地方都市のあるべきモデルを考える ~ ICTは街づくりに如何に貢献できるか ~」と題して、会津若松市にて復興シンポジウムを開催致しました。大変多くの方々にご参加頂きました。誠にありがとうございます。
弊社は、本コンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。
2013年3月12日(火) 11:00

ITmediaエンタープライズに「製造業戦略」セミナーレポート

アイティメディア株式会社が提供するITmediaエンタープライズに「打ち寄せるグローバル化の波 日本の製造業が生き残るためのIT戦略とは?」と題し、セミナーレポートが掲載されました。
本セミナーでは、グローバルでの技術水準の向上や新興国の発展など、日本の製造業を取り巻く環境は複雑性を増している中、テクノロジの発展が製造業に及ぼす影響、コモディティ化が進むものづくり市場での戦い方、グローバル市場で勝ち抜くためのIT戦略の方向性などに関して数々の提言がありました。ITMediaサイトでは、「製造業の成長戦略を加速する5つのIT戦略テーマ」と題した、講演資料をダウンロードすることも可能です。
2013年3月7日(木) 11:00

グリッド協議会主催 第38回ワークショップ閉幕のご報告

グリッド協議会は、去る2013年3月6日に第38回ワークショップ、「インタークラウドとオープン化」を開催致しました。大変多くの方々にご参加頂きました。誠にありがとうございます。
今回のワークショップのテーマは「インタークラウドとオープン化」。OGCからAPI分科会主査の平川氏は講演で、スマートシティを実現するために欠かせないセンサ家電(スマート家電)などのデータをクラウド上で利活用することを目指した通信仕様の標準化(オープンエネルギークラウド連携標準)に関する取り組みを中心にOGCの活動を紹介しました。
Previous Next
  • 1
  • 2
  • 3
2013年2月21日(木) 11:00

OGC主催 3.11福島復興シンポジウム

オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC)は、東日本大震災から2年の節目を迎えるこの日、犠牲になられた多くの方々へ哀悼の意を捧げるとともに、福島県の復興、ひいては日本の復興に向け、「3.11福島復興OGCシンポジウム 復興を契機に地方都市のあるべきモデルを考える ~ ICTは街づくりに如何に貢献できるか ~」と題して、会津若松市にて復興シンポジウムを開催致します。
弊社は、本コンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。
2013年2月19日(火) 11:00

グリッド協議会主催 第38回ワークショップ

グリッド協議会は、グリッドの技術普及,動向調査,標準化参画を産業界と大学・研究機関等が共同で推進する場として2002年6月に発足いたしました。以来,シンポジウム,ワークショップ、チュートリアルの開催、OGF(Open Grid Forum)への調査派遣や会議報告などを行ってきました。
このたび第38回ワークショップでは、「インタークラウドとオープン化」をテーマに開催します。状況に応じ、より柔軟・迅速に拡張されたクラウドサービスをユーザが 享受するため、APIベースで切りわけを行い管理ドメインの異なるクラウドコンピューティングを連携するインタークラウド技術への関心が高まっています。

株式会社ブリスコラ

国内唯一のクラウドコンピューティング専門の
事業戦略・企画・開発会社

株式会社ブリスコラは、国内唯一のクラウドコンピューティング専門の事業戦略・企画開発会社です。オープンイノベーションを基本理念に、新たな価値観に基づく社会性、公共性の極めて高い革新的な事業企画・開発を通じて、日本、アジア、世界が求める先進的な事業開発、経営革新、社会インフラづくりを目指しています。

ブリスコラは、経営戦略・IT戦略に対する専門性と、クラウドに対する専門性を強みに、大手企業向けにクラウドから得られる価値を最大化するための活用診断・評価(アセスメント)サービス「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」をはじめ、クラウドをはじめとする最先端テクノロジ(ビッグデータ/アナリティクス、IoT/M2M、センサークラウド、機械学習など)を活用した事業戦略(IT戦略)策定、新規事業企画を支援するクラウド戦略コンサルティング「Cloud FrontiEra(クラウド・フロンティエラ)」を提供するほか、クラウドとオンプレミス。クラウド同士のデータ連携、アプリケーション統合を効果的、効率的に実現するグローバルクラウドデータ連携「Concord」(EAI/ETL)などのクラウドサービス(SaaS)を提供しています。

昨今は、その専門性を強みに、エネルギー、医療・介護、社会インフラ、環境、農業等の領域を中心に、社会的な制約・条件を考慮した上で、新しい時代を先導するための事業構想、企画・開発に取り組んでおります。

ブリスコラは、クラウドに関する豊富な経験と実績から、社会に必要とされる新しい事業、サービスをつくりあげて、より良い社会づくりに貢献してまいります。