ミッション
Business Development by clouds
クラウドコンピューティングを活用したイノベーション組織
~「Re-Architecting Smart Cloud Business」 ~

ブリスコラを、一つの言葉で表現すると「Business Development(事業企画)」会社です。オープンイノベーションを基本理念に、新たな価値観に基づく社会性、公共性の極めて高い革新的なクラウド コンピューティング事業を通じて、日本、アジア、世界が求める先進的な社会インフラづくりを目指しています。

日本企業は、これまで欧米で成功が確認された先行ビジネスモデルに追随し、生産効率で追い抜くというフォロワー型の経済体制で、80年代に世界の産業の主役となってきました。欧米で考えられ、創られた技術を中心にサプライヤーも巻き込みながら、時間をかけて改善・改良を進め、オペレーション効率で競争力を高めてきました。これが、日本の産業の成長モデルでした。これらの場合には、事業の見通しがつきやすく、銀行融資が事業展開・拡大を強力にサポートしてきました。

しかし、昨今のクラウドコンピューティング・ビジネスでは、グローバル、フラット、オープンなビジネスが主流となり、その圧倒的なビジネススケールと進化スピードに対し、日本企業の成功モデルは、もはや通用しません。フロントランナーとなり、模倣すべきモデルが未だ存在せず、自ら構想力、創造力を発揮しなければならない事態に至ると、国内での事業はおろか、国際的なビジネス展開においても、競争力、地位を落とす結果となりました。さらに、世界中が急速な新たな価値創造に凌ぎを削る中で、日本には世界的な視野、視点、共通理解もなく、まさに「ガラパゴス化したクラウドコンピューティング・ビジネス」が日々登場しています。

今私たちは、ありとあらゆるクラウドサービスが無秩序、無差別に並列された混沌の前に立たされることになりました。このような状況において、 Briscolaの企ては、ほどよい一般性を持ったサービスをつくりだすことではなく、圧倒的に突出した事業をプロデュースし、そこから普遍性をもった新しいスタンダードをつくりだそうというものです。そのためには、伝統的な事業企画、構築手法を捨てさり、創意に富み新時代に完璧にフィットした事業戦略、 企画を実施する必要があります。それは、既存のビジネスモデルや手法を部分的に改良するものではなく、事業コンセプトそのものから実行にいたるまで、すべての段階において従来とは一線を画するものです。これらを従来型日本企業で実施することは極めて困難です。

Briscolaは、日本のクラウドコンピューティングに変革をもたらし、世界で戦えるクラウド・フロントランナーを目指す「クラウドコンピューティング専門の事業企画会社」です。


Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14