事業戦略コンサル・クラウド:IoT/M2M時代におけるビジネス・イノベーション支援

外部環境、内部環境、M2M国際標準化動向の3つの分析を重ね合わせ、
狙うべき市場ポジショニングパターン及びサービスメニューの導出

国内においても徐々に市場が拡大しつつあるIoT(Internet of Things)/M2M(Machine to Machine)市場への参入を見据え、外部環境分析(市場動向分析、先進事業/競合業者分析等)、内部環境分析(SWOT分析≒ネットワーク事業者としての強みの最大化と弱みの補強方針見極め等)、及びM2M国際標準化動向分析の3つの分析を重ね合わせ、狙うべき市場ポジショニングパターン及び、パターンに付随するサービスメニューを導出しました。
また、狙うべき市場ポジションにおけるビジネスモデル・ビジネスエコシステムの明確化、及びモデル成立の前提条件の整理を通した市場ポジションの妥当性・実現性検証を実施しました。

市場参入に向けたM2Mプラットフォーム実現ロードマップを策定
最適なパートナリングモデルを通した事業化推進

ターゲット市場への参入に向けて、主要プレイヤーのM2Mプラットフォームの実現モデルを整理した上で、自社にマッチするプラットフォーム実現方針を設定。プラットフォーム形成に向けた施策を定義した上で、実現ロードマップを策定。事業性実証フィールド形成のためのM2Mレイヤー横断でのパートナリング戦略を策定し、最適なパートナーの目利、マッチングを通した事業化を推進しました。


Last Updated on Thursday, 6 Nov 2014 08:14