普通の自転車を電動アシスト自転車にするスマートフォン連動型スマート自転車ホイール、FlyKly Smart Wheel

2013年に目標額の7倍の資金調達を成功したスマート自転車ホイールがCESに

2013年、クラウドファンディングサイトのKickstarterにおいて、わずか40日間で目標額10万USドルのおよそ7倍の701,239USドルを調達したスマート自転車ホイールFlyKly Smart Wheelが話題となりました。

普通の自転車にこのホイールを取り付けると、スマホの専用アプリと連動し、電動アシスト自転車となるというものです。そのキャンペーン時の動画がこちら。最初の1分間ほどで、概要がお分かりいただけると思います。

この動画では試作品段階だった同製品が商品化され、全米家電協会主催の2015 International CES(2015年1月6日〜9日 於 ラスベガス)にも出展されました。試作品と比べると、車輪中央(モーターの部分)が、ずいぶんコンパクトになり、洗練されています。

アシストの強さや時速をスマホひとつでカスタマイズ、ロック機能も

Bluethooth2.3対応のスマートフォンやその他のデバイスで作動する、iOSおよびAndroid専用アプリ「FlyKly App」で、アシストの強さや時速などをカスタマイズすると、ホイールに内蔵されている、動きや回転方向、モータ温度などのセンサーが設定に合わせてアシストしてくれるそうです。

それだけではなく、下り坂を惰性で走ったり、ペダルを逆にこいだりすると再充電されるので、一度フル充電するだけで(30Vのリチウム電池、2-3時間の充電)、50km近く走れてしまうとのこと。
また、アプリからロックをかけることもできるのも安心ですね。少し長めですが、設置方法の動画も以下のように公開されています。

アプリではおすすめルートの提示やユーザー同士のシェア機能も

専用アプリでできるのは走行についてのカスタマイズだけではありません。各センサーから取得された走行速度や距離、時間や、ホイールに搭載されているGPSを利用して、走行者の好みと実際の走行スタイルに基づいたおすすめルートを提示してくれるのです。またユーザー同士のシェア機能もあるので、サイクリングが趣味の人同士の情報交換も盛り上がりそうです。

FlyKly Smart Wheelには3種類の大きさがあり、1,099USドルから、同社ホームページで販売されています。このホイールだと、自転車通勤もさらに楽しくなりそうですね!

出典1:Smart Wheel, Smart Light, Smart App | FlyKly Street Smart
http://flykly.com/

出典2:The FlyKly Smart Wheel for Bicycles is Now Available and First to Hit the Market in the Movement to Usher in a New Era in Urban Transportation | Business Wire
http://www.businesswire.com/news/home/20150106005432/en/FlyKly-Smart-Wheel-Bicycles-Hit-Market-Movement#.VNcDyWSsVce

出典3:FlyKly Smart Wheel by FlyKly - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/flykly/flykly-smart-wheel

Last Updated on Monday, 2 Mar 2015 08:00