アクセシビリティ

アクセシビリティ

株式会社ブリスコラ(以下「当社」といいます。)の企業Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。当社では、ウェブアクセシビリティを企業Webサイトにおける重要テーマにとらえ、ウェブアクセシビリティを確保するために、国が定めた基準に準拠するよう努めています。

ウェブアクセシビリティとは?

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障がい者など心身の機能に制約のある方、一時的な障がいをお持ちの方などを含め、全てのWebサイト利用者が同じように容易に利用できるようにしていこうという考え方です。

近年、インターネットの普及に伴い、世界各国でウェブアクセシビリティに関する規格化や法制化が進められています。1999年5月には、ウェブの国際標準化団体である「The World Wide Web Consortium(W3C)」が、ウェブのアクセシビリティ指針「Web Content Accessibility Guidelines 1.0」を発表以来、欧米諸国を中心に官公庁から民間企業まで幅広くでウェブアクセシビリティへの取り組みが進んでいます。日本国内でも2004年6月にJIS(日本工業規格)化され、ウェブアクセシビリティへの取り組みは高まる一方です。

当社では、より多くの利用者に、使いやすく分かりやすいWebサイトの実現を目指し、アクセシビリティに配慮したWebサイトの制作・運営に努めてまいります。

主な留意事項

  • XHTML1.0とCSSによりWeb標準に準拠し制作する
  • 文字の色と背景色のコントラストをつける
  • 文字や画像の大きさや配色に配慮する
  • 画像には、代替テキスト情報(alt属性)を付ける
  • 画像やファイルなどの容量を可能な限り小さくする
  • 表にはタイトルを付ける
  • Flashファイルが、適切に表示されない場合は代替の静止画像を表示する
  • 全てのページに分かりやすいタイトルをつける
  • 機種依存文字(丸付き文字、ローマ数字)などは使用しない
  • ユーザの意思と関係なく、自動更新したり別ページに遷移したりしない

※当社Webサイトでは、上記アクセシビリティの留意事項を含め、アクセシビリティの確保に向けて順次対応中です。一部未対応のページがございますことをご了承ください。

更新日 平成23年4月19日

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14